2007年4月30日月曜日

一時帰国

本日、一時帰国用の航空券を購入。
家族を先に帰らせて私は後でというパターンだが、五年前なら考えられなかった帰国法だと思う。
子供達が大きくなってくれたおかげで、取り敢えずは指示に従えるし自立的に行動も出来るようになってきた為、このようなダイナミックなパターンが取れるようになってきた。

しかし、家族5人で移動するとなると、子供料金二人のカウントとしても大人三人込みで7000ドルになる。

ハッキリ言って「痛い」です。

航空各社も夏休みのパターンをよーく研究しているので、この時期は通常の二倍の料金となる。
まあ、商売ってそんなもんですかね。

2007年4月29日日曜日

庭の手入れ

本日は御日柄もよく~~、云々。

本当に天気が良く、朝から芝刈り担当大臣の嫁さんが庭の芝刈りを開始。
こちらも鈍った体をほぐす為に、裏庭にあるブランコを解体して、新品にする為の段取りを取ることにした。あちこちのボルトが錆びて空回りしたために、少々時間はかかったが、最後の基礎の部分まで取り外して何とか一時間ほどで解体終了。

今まで以上に庭が広く感じました。

しかし今度は新しいブランコを買ってきてセットアップしなければならないのでそれがどうなることやら、セメント袋も買い込んでこないといけないし、型枠のサイズも決めないといけないので、少々骨の折れることになるかもしれませんがそれはそれで仕方ない事。
子供達もきっと又愉しんでくれるはず。
今度は鉄製のブランコに変更しようと思っている。

予算はいろいろ込みで300ドル程度。

五月に入ったら開始する事にしよう。

2007年4月28日土曜日

大ハッスル

今日は次女の誕生日。八歳になりました。
アメリカ生まれなので日本とのずれも無く素直にお祝いできる。
仕込んでおいたプレゼントをコッソリ車のトランクから移して、洗濯室の戸棚へ隠しておいたものを嫁さんに言って持ってきてもらう。
いろいろ考えがあって昼にケーキを出してしまってellenからのプレゼントと、長女からのプレゼントと俺が他に見つけておいた屋外観察セットと共に待望のWiiをプレゼントする。
大きな興奮の嵐の後、セットアップも終了し、早速体を使ってボクシングと野球ゴルフテニスを連続で行う。
次女大満足の一日でしたが少々問題が、、、、。
「一緒にやろう!!」とずーーーーーっと言ってくるのでこちらはへとへと。

日頃鍛えていない体を使って節々を動かすのは大変ですな。

例えばボクシングではこちらは本当のスポーツをイメージして体全体で運動するのに娘はミッキーローク張りの猫パンチで応戦してそちらの方がハイスコアだったりするので、内心「これはあかん」と思いつつもこちらも思わず猫パンチに変更して「応戦」することになる訳です。

それにしても楽しい一日でした!

2007年4月27日金曜日

何も変わったことの無い一日

きょうはとりたてて変わったことも無かった。
curator用のdreamfoilを40個刈り集めてストック。

まあ、皆様に使っていただきましょう。

2007年4月26日木曜日

プレゼンテーション

今日はcancer centerでp53のgain-of-functionに関するプレゼンを行った。
発表時間は一時間、スライドは三十枚前後で質問も多数。無難に受け答えを終えて終了。
実験で使用した手技や物に関して具体的に教えてくれという質問が多くて、講義終了後の対応が少々長引いてしまった。

とりあえず終わりよければ全てよし、という事で本日はもう一本のインド人研究者の仕事に関するレクチャーを一時間聞いて終了。彼は切れる。流石はhigh quality paperを出し続けるおじさんは一味違うな~と感心した。聞いていて、いろいろな意味で非常にためになる事が多くて出席してよかったと思える久しぶりのプレゼンであった。

自分もそう思われたいものだ。

2007年4月25日水曜日

お仕事選び

仕事をしていく上でのいろいろな困難というものが存在するが殆どの場合は時間を有効に使う事によって解決されるのではないかと思うことが多い。
仕事の効率が落ちているときに限って、その結果も上手く行ってない事が多いし、調子のいいときにはその反対だったり、、、。仕事上のいろいろな支障というのはそのポジションにいる以上どうしても避けられないものもどうしても出てくるし、それが責任のある仕事に就く上で不可避であればそれを受け入れるしかない。
それにしても世の中は広い。
恐ろしく困難に思える課題を(見た目には)サラリとやり遂げる人間というのが大きな組織のトップの数パーセントには必ずいる。目標には出来ても怠け者であほな自分にはとても出来ないな。

話は脇にそれますが、「一般的には」それがいやであれば安易な仕事を選べばよい訳で、その分給与や待遇が落ちていく、というそれだけのことだと思う。(無論、きつくて責任も重いのに給料は安い仕事も多々あるので、あくまで大多数の仕事に当てはまる一般論。)例えば勤務医である医者の仕事なんていうのは実際のところイメージされているようなものでは全く無い事は自分が身をもって知っている。w
世間の人々もそれがようやく解って来てくれた「兆し」のようなものを個人的には感じるが、まだまだ「テレビの見すぎ」的なイメージを持っている人も多いのだと思う。
診療科にも拠るだろうけど、地域の中核病院でまじめに診療している医師の時間給なんて、人の命を左右するというその責任の重さと仕事の密度、常に最新の知識を取り入れておかねばならないプレッシャー、過去の知識のおさらい(人間ですからまれな疾患や他の診療科の事に関してはなかなか記憶を保ち続けられるものではない!)そして当直、等などを考えるとマッチポンプのいい加減な偏向記事を書き散らして高給を食むどこぞのマスコミの人間や鼻毛抜きつつされている田舎の御役所仕事なんていうのは時給で計算すればよっぽどいい仕事だと思う。
まあ、やりがいという意味では医師の仕事の質は極めて高いと思いますが。(極めればの話であって、ちんぽの皮切り医師と心臓移植をする医師のレベルは天と地ほどの開きあり。)

2007年4月24日火曜日

跳んだり跳ねたり

三年前に家をこちらで購入してから家族の行動パターンが一部変わった。
最も変わったのは子供達で、昔はアパート、マンション等の借家住まいだったので上や下の住民に対する振動や騒音に随分気を使ったため、子供達も小さいながらに猫ジャンプ(大きく跳んでも着地の時にはうまく膝を使って音を出さないで着地!)で喜びを表現したり、声を出さずに追いかけっこをしたりしていたのが今ではドシンドシンと大きな音を立てて激しく走り回るので「お~~~~い」と大声で注意をしないといけない事が多くなった。
昔なら階下の住民に謝りに訪れ無ければならないところだが今はそれも昔の話。
一戸建てというのは管理に手間隙はかかるものの何物にも変えがたい良さもあるなあ、というのは引っ越して初めて理解できた。
娘達も夜の10時や11時にピアノを弾いても何の音も外に漏れないし、微かに音が漏れていても隣の家との距離があるので何の問題もなし。

アメリカで家を持つなどということを一顧だにした事は無かったが、家賃が持続的に上昇し続ける事、毎月の支払額がローンを組んだときよりも高い事、子供を三人持つ家庭が入らなければならないサイズの借家を探すと更に高い額の家賃を払わなければならなくなってきた事から必然的な選択肢として一軒家の購入となった訳です。
引っ越して解った事だけど、家のメンテにかかるめんどくささもそれ自体が楽しみの俺には余り関係なしという事がわかってからは特に問題なし。

2007年4月23日月曜日

なに考えてるんだか

昨夜は10人が八時過ぎには集まってさあレイドしまって行こう!という矢先に中のwarlockが一人抜けて(DCed?)そのまま戻ってこなかった、、、。皆、BSとか時間の無駄と口々に言いながら一時間ほどでそのまま解散。結局レイドは無かったので眠かった私には好都合でしたが、その後無理に誘われてタコいPUGを(自分でマーキングしながら)説明付でSLを回ったので疲れました。途中でもう眠気に勝てなくなり、後はよろしくと12時くらいに抜けて終了。

今日は嫁さんが歯の矯正に来てbracerを締め上げに来たので、昼は一緒に市庁舎の講演まで少し脚を延ばしてパナンガイを食べた。やっぱり美味いねタイ料理は!!

2007年4月22日日曜日

だらだらと過ごす

本日はchemistry用の薬草集めに終始。
大体一回のfarmingで200gから300g位の売上高分のハーブを集めれば何れも良しとしてるので、本日もその辺で終了。
寝ようと思ったらheroicのボタをやるという事で嫌々参加。コツがつかめるまで何度かワイプしながらも一時間半ほどやったところでもう午前二時になり皆眠気に勝てず解散。ボス二匹目を倒してやめました。少なくともこのレベル位のボスではそれほどheroicもnormalも変わらんですかね。ラスボスはちょっと強いかも知れませんが、、、。
次のパッチでは各ミニボスもepicを落とすようになるという話なのでそれに期待。

昨日、電源修理のリコールがかかっていたiMacを修理してもらった甲斐があって、順調に走っており、突然の電源切れ等も無く快適に子供達が使っている。
修理が無料だったのが何よりも良かった。ちょっとした部品の交換でも直ぐ百ドル二百ドル取られる可能性が有る事を考えると、今回のはリコール情報にも上がっていたのでラッキーでした。
(とはいえ、前回は、240ドル出して修理してもらった三年落ちのpowerbookが数度の修理の果てに結局完全には直らずに新品のMacbook Proに交換してもらったときは驚きましたが。)

お金を使わずに済む事であれば先ずはめでたし。

2007年4月21日土曜日

溜息

もう、この組み合わせでは駄目だとハッキリ解っているのにGMがこだわる2グループシステム。
karazhanはとりあえずまず全部〆てからまた2グループにすれば良いのにね~。
とうわけで、ワイプを続ける中途半端なグループを止めさせて次回はベストメンバーだけでアタックというように変更するよう進言しました。

もうみんな疲れきってるし。早くここを卒業しないと皆のモチベーション下がりまくりです。

2007年4月20日金曜日

時間の無駄

昨夜はhunterがAFKを繰り返したため、折角のcurator退治が冗長なものになってしまい、GMも身勝手なhunterに怒り心頭。「次回から奴は誘わない」事に決めたそうな。

おかげさまで早々とレイドも終了しメデタシメデタシ、、、とはいかんです、、、。何しろcuratorにたった二回アタックしただけで三時間も空費。皆最後にはだれ切っておりました。
しかし家族と話せる時間は増加。これに勝るものは何もなし。

2007年4月19日木曜日

何回書くのか挑戦

実はブログを書くのは二回目なのだがとりあえず前の日記は自分だけの記録としてとっておいて、過去のブログに関してはリンクも何も貼らない事にする。とりあえず嫁さんにでも見せようかな。

karaは最初の四ボスを四時間で終了。
curatorを倒すコツとグループ構成が上手くつかめていないせいかワイプを繰り返しているのでその手前のオペラのところで切り上げて次回に備える。多分、今夜皆アタックをかけるだろう。上手くいきますように。GMのため息はもう余り皆聞きたくないんだよね。w